犬が足をびっこで歩くのはどうして?


スポンサーリンク

犬も人間と同じように様々な病気があります。

そして足にその症状が現れることもありますね。

例えば足を引きずったり、
痙攣を起こしたり、びっこをひいたり、
何となく歩き方がおかしかったり・・・。

私たち飼い主は、もの言えぬわんちゃんだからこそ、
「いったい何が起こっているんだろう」と心配になりますよね。

なので、できるだけ原因を少しでも早く見つけて対処をしてあげたいものです。

では足に現れる病気とはいったいどのようなものがあるのかを見ていきましょう。

スポンサーリンク

足に現れる犬の病気

前十字靭帯断裂
太ももの骨と大腿骨すねの骨を繋ぐ前十字靭帯というものが切れてしまうために、
後ろ足をあげたままになり、びっこをしたり、引きずったりする症状がでるよです

前十字靭帯が切れてしまう原因としてはいろいろあるようですが、
激しい運動などでの靭帯へ負担がかかってしまい起こることが多いようです。
またその他では肥満や老化減少なども要因になっていますね。

椎間板ヘルニア
椎間板が脊髄神経を圧迫するために痛みを伴い
足をかばうようにびっこで歩いたり引きずったりとした症状がでます。
進行していくと痛みを通りこして麻痺が起こり半身不随状態になってしまいます。

原因としては激しい運動や老化なども上げられていますが、
ダックスフンドなののような足の短い犬などは、特に発症率が高いようです。

治療方法としては外科手術や痛み止めを用いた
内科的な処置もあるようですね。
早めに適切な判断は主治医の先生に診てもらうのがいいと思います。

骨関節炎
軟骨が磨り減ったりして滑らかな動きができなくなります。
そのため慢性的な痛みなどから足を引きずったり、
びっこをしながら痛がり歩き方がおかしくなったりします。
犬も人間と同じだとつくづく感じますね。

関節リューマチ
関節に炎症を起こして痛みを伴い、足を引きずったりの歩行困難を起こします
免疫機能の不全が原因で自分で自分の身体を攻撃してしまう
厄介な病気です。原因はいまだ不明です。

股関節形成不全

子犬から成犬になる間に股関節がきちんとはまらずに成長をした場合
股関節の軟骨がすれあって痛みを生じる疾患です。ひどくなると脱臼したままの状態になって歩くことが困難になり、びっこ足で歩いたり、引きずりながらの状態になります。

膝蓋骨脱臼
膝蓋骨は膝の曲げ伸ばしに際に動く骨ですが、
生まれつきの身体の癖などから、
骨がちょっとしたことでずれてしまい脱臼することがあるようです。

そうなると足に痛みが出てきて痛がりびっこ足であるいたりします。また脱臼が治ったとしても、これは癖になりやすく再発もしやすいようなので飼い主さんの様子観察が大切になります。

前立腺肥大
排尿障害のために、尿がでにくくなったり、また便秘なども起こりやすいです。
腫瘍の影響で痛みを伴い足を引きずったりする症状もでてくるようです。

原因としたは人間と同じように性ホルモンのバランスの崩れが要因のようです。
治療としては去勢手術やホルモン療法などの治療があります。

前立腺腫瘍
前立腺肥大と同じように。排尿障害のために、尿がでにくくなったり、また便秘なども起こりやすいです。
腫瘍の影響で痛みを伴い同じく足を引きずったりする症状もでてくるようです。この病気に関しては原因や有効な治療法はまだ見つかっていないらしいです。

変性性脊髄症
この疾患は脊髄の病気です。通常DMと呼ばれていますね。
だいたい10歳前後くらいから起こることが多いようです。
脊髄が次第に変形をおこし、最初は後ろ足から症状が出始めます。

足を引きずってあるいたり爪を地面にこすったままだったり、
足がひっくり返ったままだったり・・・・。
とにかく歩行が困難になってきます。

この病気は遺伝子に組み込まれているものらしいので、
現在ではまだ決定的な治療方法は見つかっていません。

スポンサーリンク

我が家の犬の場合

ちなみに我が家のコーギー犬の場合ですが、足のふらつきや不安定さの原因は
「変性性脊髄症」という病気のためでした。
変性性脊髄症の病状としては、ステージ1~4までの4つの段階があり、
我が家では現在はステージ3になっています。

ステージ3とは、後ろ足が麻痺してしまっていますが、まだ前足が健在です。
ふらつきなども見られ、足を引きずって歩いていますね。
現在では何とか犬用の車椅子を使用して散歩はできています。

 

ipp

しかし、最近は排泄に関してはとても困難になってきました。
脊髄がやられてしまっているために排尿、排便の指令がうまく届かないようです。
そのために失敗を多々起こしています。

失敗は仕方が無いことなので、飼い主としては全然オッケーなのですが、
ワンコというものはなんて忠実なんだろうと思います・・・!

排泄の失敗をなんとかしないようにしようと、
懸命に自分のトイレ目指して身体引きずって走ろうとするのです。

でも間に合わないことが多く、失敗をしたことが分かると、
かなり落ち込んだ表情をして目を伏せ目にして
頭を下げたまま身動きをしなくなりますね。

「いいんだよ~、失敗しても。そんなに頑張らなくてもいいんだからね」と
頭を撫でてあがると、耳を後ろに下げて気持ちよさそうにしています。

もの言わぬ動物は、それなりにいろいろと考えているんだなぁと、
愛おしい感覚になりますね。

飼い主として気をつけたほうが良い注意点

チェックマーク足の病気に関しては、外科的な面からきているのか、
内科的な病気からなのかなど、
    なかなか見分けがつかないこともありますので、

異変に気がついたらなるべく早く動物病院の先生に診てもらってあげてください。

大概のワンチャンは痛みがあってもよっぽどのことがなければ、
元気な表情をしていると思います。

疾患が水面下で進行していたら、
ある日突然にぐったり・・・ということも起こりかねません。

ワンチャンの身体のことをよく知っている
主治医の先生がいてもらえるということはとても心強いものですね。

チェックマーク最近はフローリングの家が殆どじゃないかと思いますが、
フローリングは犬の足腰にはあまりよくありません。
    足腰に負担をかけたり、爪が痛みやすくなります。

特に体調が悪くなっている犬や老犬の場合には
出来ればカーペットなどを引いてあれれるといいかと思います。
またそれが難しいようなら、
犬用に靴下を履かせてあげるのもよろしいかと思います。

ただし、犬用の靴下は、きちんと滑り止めがついていたり、
ワンチャンの足のサイズにぴったりのものを選んであげてください。
大きすぎると返って転倒の原因にもなりますし、
小さすぎると、足首を圧迫して血液循環が悪くなってしまいますね。

チェックマーク症状を良くするためや、
進行を遅らせるためにも主治医の先生と相談をして、
    ワンチャンに必要なサプリメントを摂取してあげてください。

身体は食べるものからできていますので、
必要な栄養素を十分にとってあげることは大切なことです。
また食欲があるのは元気な印でもありますしね~。

チェックマーク犬は人間の感情に敏感です。
なるべくストレスを与えないようにしてあげてましょう

老犬になると体温調節もうまくだきなくなってきますので、
寒すぎたり暑すぎたりもストレスになってしまいます。

また一番の元気の素は飼い主さんの愛情ですので、
側にいてあげて優しく撫でてあげることなどは最高の癒しになると思います。

合わせて読みたい記事


スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す