発達障害の大人の症状とは?職場にいる困った人たち!


あなたの職場では、
ちょっと風変わりな人っていませんか?

117155

空気が読めないというか、悪い人ではないんだけど
何度言っても同じミスを連発するとか
一緒にいると回りの人たちが疲労困憊させられてしまうとか・・・

決して頭が悪いわけでもない
勉強はできて、いい大学も出ているし・・・

こういう場合、一緒に仕事をする仲間としては
どう接したらいいのか接し方や付き合い方が分からず、
対応の仕方にもアタフタするかもしれませんね。

もしかしたら、そういう変わった症状を持つ大人の人たちというのは
発達障害なのかもしれません。

発達障害者支援法というものが施行されたのは2005年です。
昨今やっと脚光を浴び始めましたが、実際のところまだ
行政が追いついていないようです。

コミュニケーションをとるのが難しいタイプなので
まずは理解をすることが必要だと思い
発達障害の持つ特有の症状について調べてみました。
よかったらどうぞ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

発達障害の症状にはどのような特徴があるの?

問題の症状ですが、大人の発達障害の特徴は以下のような感じです。
突飛な行動や発言が目立っていますね。

大人の発達障害チェック

・他人とのコミュニケーションが苦手

・相手の気持ちが読めない

・ついつい相手を怒らせてしまう

・場の空気が読めない

・2つ以上のことができない

・人に言われたことをそのまま受け取る

・融通がきかない

・チームで働くことが苦手

・冗談が通じにくい

・行き当たりばったりの行動が多い

・先の見通しをたてることが苦手

・柔軟な考え方ができない

・臨機応変な態度がとれない

・予定外のことにパニックになる

・落ち着きがなくいつもソワソワしている

・ケアレスミスが多い

・じっとしていられず、よく貧乏ゆすりをしている

・衝動的に動くことがある

・強いこだわりを持っている

このようにいろんなパターンがありますが
発達障害の人は上記の全ての特徴に当てはまっているかといえば
そうでもありません。
境界線がとても曖昧であるので症状が重複したり、単独の部分もあるんですね。

正確な診断や治療は病院などの医療機関に行かないとわかりません。

 大人の発達障害はコミュニケーションが苦手

成人の発達障害は子どもの場合とも同じように
対人関係におけるコミュニケーションに問題があるというのが著しい特徴であります。
そのため職場などではトラブルメーカーになりやすいですね。

また特に仕事がうまくいかないなどで、周りから注意を受け続けることで、
劣等感などから依存症などの2次疾患もおこしやすくなります。

スポンサーリンク

発達障害の原因は脳の機能上にある

発達障害は生まれつきの脳の機能上に問題があります。
遺伝ともいわれていますし、原因不明の先天的な疾患なんですね。

 106824

周りの人たちやご家族が支援をすることで
治るというものではありません。

しかしサポートがあることによって
その特有な不器用さは改善されていく可能性は十分にありえます。

そこで大人の場合に重要なのは、
本人発の良くなりたい!といった意志が必要になってきます。

大人になってからの発達障害というのは
思い込みも一段と激しく、幼い頃からの習慣などもかなり定着していますからね。

本人の自覚があると、ケアレスミスを防ぐための工夫など
周りもサポートできますが、自覚がないと、本人に伝えたいことも伝わりません。

なのでまずは発達障害についての
自己認知をすることが出発点としてとても重要だと思います。

まとめ

大人の発達障害は今に始まったことではなくて昔からありました。
今までは、変わった人!困った人などのように見過ごされていただけなのです。

脳機能に問題があって感覚自体が通常の人と違うので
同じ職場で仕事をする人たちは、発達障害の人のミスの尻拭いをするなど
ご苦労も多かったことでしょう。

このような状況を改善していくには、
本人の自覚と職場の人たちの理解がどうしても必要になります。

029388
障害というネーミングがつけられていますが、
実際は凸凹の激しすぎるのが目立つ特性といってもいいかもしれません。

いい意味いうならば、こだわりの強さは裏を返せば粘り強さにもなりますし
エジソンやアインシュタインなど偉業をなした人たちは
発達障害であっただろうといわれています。

欠点といわれる部分を長所に変えるためには
大人の発達障害の診断をしてもらえる病院でチェックしてもらい
まずは診断を仰ぐことです。

病院で診断を受けることで当の本人も
長年の謎が解けた!って安心できるケースもよくあることだそうです。

「発達障害支援センター」というのが各都道府県に設置されているはずですので
まずはそこに問い合わせをしてみるのがよいかと思います。

発達障害支援センターでは近くにある大人の発達障害を診断できる病院を教えてもらえますし
その他、相談にも乗ってもらえます。

合わせて読みたい記事


スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加

2件のコメント

  • ななし

    記述が間違ってます。

    発達障害は自閉症スペクトラム
    というひとつのくくりの中に
    自閉症、アスペルガー、ADHD、LD
    がはいってます。

    情報が古いです。

    • sizuku

      ななし様



      コメントありがとうございました。


      せっかく投稿いただいていたのに、私事でブログの更新ができず返信が遅くなり大変申し訳ありませんでした。

      ななし様の貴重なご指摘に感謝致します。

      >発達障害は自閉症スペクトラムというひとつのくくりの中に自閉症、アスペルガー、ADHD、LDがはいってます。情報が古いです。

      ななし様がおっしゃるとおり、現在では数ある障害名のカテゴリが「自閉症スペクトラム」のひとくくりになりました。

      訪問者の方々にご迷惑をおかけしてはいけませんね。

      改めまして教えてくださいましてありがとうございました。





      ※実は我が家は発達障害家族です^^

      なので、子どもたちも得手不得手をうまく活用して社会生活に馴染んでくれれば・・・と思っています。

      おかげ様で障害というよりも、もうある意味殆ど個性とよべるくらいな気がしています。


      自分で自分の個性を受け入れられるということは自信にもなるんだなぁと思いました。
      私事をペラペラとすみません。今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

コメントを残す