スポンサーリンク

黒々としていた犬の鼻の色が気がつけばハゲてきた!

そんなことはありませんか?



犬の鼻の色って色落ちしたり、ハゲたりするのはどうしてなんでしょう?

黒光りしていた鼻の色が白い感じになっちゃうと
何だか間が抜けた締まりのない顔に見えてくるのは私だけかなぁ・・・^^

まぁ、それはそれで愛嬌があってのかもしれませんが
犬の鼻の色がハゲることと病気と関係があったら大変ですよね!

ちょっと調べてみましたので、よかったら参考にして下さい。

犬の鼻の色が変わるのはこんな時!

実は犬の鼻の色って変わる原因って結構あるみたいですよ!
思わず我が家の犬の鼻の色を凝視してみました。

犬は私のガン見にビックリしたのか、目を大きく見開いてじっと私を見返しました。
そして何やらいつもと様子が違っていると思ったのか
プイ!と顔を横に向けられてしまいました。

怖かったのかなぁ・・・・・(笑

ではでは、これからどんな時に鼻の色が変わってくるのかをみていきましょう。

エサ(フード)を変えた

食べるものの影響で鼻の頭の色が変わるというか、
ハゲるようなことってあるようです。


体に合わないものを食べるとアレルギーの症状が出るワンコもいるようですよ。
それってエサが原因なんですね。

怪我

切り傷擦り傷のように怪我によって鼻の色が変わることもあります。

例えば、ケージの柵の隙間から鼻をだそうとして鼻をすりむいてしまったり

それかと思えば、お散歩中に他の犬に鼻を噛まれるような事故にあったときも
傷口が変色して色が落ちることってよくあるみたいでですね~。

う~~ん、
散歩中の鼻をガブリ!!の災難は、ワンちゃんの鼻の色が云々よりも、心理的なストレスからトラウマにならなきゃいいんですけどね~。



私は心理的なストレスと、感染症についても心配ですけどね・・・。
感染症については次の項を見て下さい。

感染症による皮膚病

赤い発疹疥癬ノミがみられたら皮膚病を疑ったほうがいいでしょう。
早目に病院に連れていってあげてください。
何かにかぶれたりするのは、カビかダニや虫が原因かもしれないですのでね。

犬のコリーノーズ(日光性皮膚炎)

コリーノーズ(日光性皮膚炎)といって、
遺伝的にメラニン色素が少ない犬種が罹りやすい病気があります。
これは強い紫外線に当たると皮膚に炎症が起こってしまうようなんですね。

もともと、強い日光の少ない寒い国生まれの犬種が罹りやすいみたいで
鼻先から鼻筋にかけて赤くなって、酷いときにはかさぶたや潰瘍もできるようなんです。

老化


悲しいかな、犬も人間と同じように老化現象がおきますね~。
黒かった鼻の色も薄くなってきたり髭だって白くなってくるのもそのためです。
歳にはかなわないということですね~。

犬の鼻の色が変わるのは病気との関係ないの?

老化の場合にはこれはある意味自然なことなので気にしなくていいと思います。

判断の目安としては、発疹もなく、とくに赤くなっていなくて、痒がっていないようでしたら大丈夫でしょう。

気をつけてあげてほしいのはそれ以外のときですね~。

怪我なんかのように犬が鼻を地べたにこすることで、
すりむいてそこからばい菌が入るってことも考えられますし

内臓の疾患腫瘍できものなどが皮膚に現れることもあります。
また食べ物が合わなくて皮膚に(鼻の頭)に異変が起きることもありますからね~。

それからノミやダニなどの感染症にも気をつえてあげましょう。

こすって鼻を怪我をしたときのように、少しの怪我の時の対処としては、
消毒をしてオロナインなどの家にある塗り薬なんか塗って様子をみてもいいかもしれませんが
酷くなるようなら病院にいくほうが安心ですね。

でも鼻を噛まれたときなんかは要注意ですよ!

犬の口内は汚いので傷口から他の病気が感染することだって考えられますからね
先方の飼い主さんと話をして治療費を請求し、しっかり治療をしてあげてくださいね。

それからコリーノーズも直接的には鼻の病気ではありませんが、
ひどくなると鼻自体が崩れてしまうのである意味怖い病気です。

おわりに

鼻の色から犬の健康を判断するならば、一般的に、色素が薄い犬は内臓器官が弱くて病気にもなりやすいようです。

ただ、鼻の色がハゲたから必ずしも病気であるということではなくて
老化現象や怪我にあった場合もあるので、そんなに神経質にならなくてもいいようですね。

怪我の時には傷が早く治るように処置をしてあげるくらいでしょうか?

しかし元々生まれつき色素が薄い犬は、強い紫外線などの日光に弱いです。
気をつけてあげることが必要ですね。

私ときたら・・・
犬の鼻のことが気になりはじめたら、ここのところ道ですれ違うお散歩中の犬たちの鼻の色ばかりがやたらと目につくようになってきました。

プリント

ガン見はなるべくしなうようにはしてるつもりですが・・・・(笑

人間だけでなく犬も確実に年をとり老化現象が起きてきます。

それも人間の何倍も早いスピードで!

犬は生後1年間で、人間のいうところの18歳くらいに成長して
その後は1年で4歳づつ年をとっていきます。

まだ幼かったワンコも
赤ちゃんから成犬、そしてあっという間に高齢犬になってしまうんですね。

いつかは必ずやって来る愛犬の老化に備えることはとても大切なこと・・・。

病気の予防にもなるでしょうし、
老化現象をが起こるのを少しでも遅らせるかもしれません。

また高齢犬になると病気になるリスクもかなり高くなってきます。

それが単なる老化なのか、それとも重篤な病気につながる可能性があるものなのか
常日頃から愛犬の体に意識を向けていると
ちょっとしたサインも見逃さずにすむ可能性も高くなりますね。

飼い主さんは犬の老化の症状、または予兆となるものを是非知っておきましょう。

「犬の老化の症状はこんなところから現れる!!」の続きを読む…

もうだいぶ前のことになりますが、我が家のコーギー犬が、ある時ふと足を引きずる姿が目につきました。その時は痛がる様子も全然なかったものですから

「まぁ、そういう時もあるかもしれないなぁ~」

と、そんな程度、安易に思っていたんですね。

しかし正直、今、後悔しています。

なぜかというと、それは、あの頃マッサージや屈伸運動を行っていれば、
うちの犬の病気は
進行がもっと遅くに済んだんじゃないかな?・・・・・・と、そう思うんですね~。

それで足を引きずる病気について調べていましたら、

まぁ、なんとその手の病気の多いことか・・・!!!

びっくりしましたよ・・・!

犬が足を引きずるんだけどどうしたらいいのかわからない

そんな不安を感じてる飼い主さんも多いんじゃないかと思いました。

愛犬を守れるのは飼い主だけですものね~

調べてみましたのでよかったらどうぞ参考になさって下さい。

「犬が足を引きずる病気!心配な方の為に徹底特集!」の続きを読む…

我が家のコーギー犬は現在13歳です。約3年くらい前から変性性脊髄症という病気にかかって現在はステージ3という状態まで進行しています。思い起こせばこの病気、始めのうちは足の動きの異変が目についていたように思います。

始めは足を地面にすって歩くようになり、そのうち、もつれるというか足がクロスしたようにフラフラと引きずるような様子が見受けられていましたね。

今では以下の動画のようにすっかり腰が落ちてフローリングにお腹がぺったりくっついた状態です。

変性性脊髄症というこの病気は、どちらかというとジャーマンシェパードやボクサーなどの大型犬が罹りやすい病気というわれていましたが、最近ではコーギーの発生がとても増えているようです。

家族としての一員である愛犬が病気にかかってしまうのは、飼い主としても本当に辛いものがありますね。

しかしうちの犬は障害犬と思っていないようなので(笑)、体が思うように動かないもどかしさはありつつも気持ちはとっても元気です!!飼い主としてはそれがせめてもの救いですね~。

変性性脊髄症という病気はどのような経過をたどって進行をしていくのか、我が家のコーギー犬を回顧しながらお知らせしたいと思います。よかったら、どうぞ参考になさってください。

「コーギーの変性性脊髄症!我が家の愛犬が苦しんだその症状とは」の続きを読む…

犬の気落ちが手にとるようにわかる人によると、犬はいつでも飼い主が大好きで、気遣っているとよく耳にしますが、以前の私は「それって本当にそうなのかなぁ?」とそう思っていました。

しかし私も我が家の13歳の老犬と生活をともにしていくなかで、いつの間にか次第に確固とした犬との信頼関係というものが培われてきたように感じます。

GRP_0369

犬と会話ができるというアニマルコミュにケーターのいうことは本当のような気がする~

今では心からそう思えます。

先日「犬の気持ち、通訳します」というアニマルコミュニケーターの「アネラさん」という方が書いた本を読んで益々犬が大好きになりましたね。

 

20150611_105516

 

この本は犬の立場に立って、犬が日常的に何をどのように思っているのかがよく伝わってきて、とても興味深く読みました。ちょっとご紹介させてもらいますね~。

「犬の気持ちがわかる本!アニマルコミュニケーターのアネラさん」の続きを読む…

我が家に生まれて間もないコーギー犬がやってきてからあっという間に13年が経ちました。早いもので彼ら犬は、私たち飼い主の年齢をドンドン追い越して猛スピードで老犬になり、老年の今では介護が必要になってきましたね。

人間よりもずっと短命なため、私たち飼い主の目の前を、さぁ~と短期間で一生を駆け抜けてしまいます。

我が家の犬も時にはトラブルを起こして飼い主を困らせたり、またそれかと思えば、計り知れないくらい大きな喜びも与えてくれたりもしていますね^^。

 

 

多くの飼い主さんはせめて最期は愛犬に感謝を込めて、愛情たっぷりにできる限りのことをしてあげたい!、そう感じておられることだと思います。そこで老犬になった愛犬が少しでも喜ぶことは無いか探してみました。よかったらどうぞ参考にして見て下さい。

「犬が喜んでくれるケア5つ!老犬介護で是非してあげたいこと!」の続きを読む…

犬だって人間と同じように、おならはしますよ~(笑

 

 

しかしあなたの愛犬が現在

おならが臭いうえに下痢や便秘をしているようなら

注意を向けてほしいことがあります。

最近、以下のようなことはありませんか?

・おならが異常に臭い!臭過ぎる!

・最近になってから、急に臭い気がする!

・この臭いおならの回数、頻繁過ぎじゃないのかな?

・ここのところ、おならと下痢が続いている

・食べてるわりには排便量が少ない!

・便があまり出ずに臭いおならをする

実は、我が家の飼っている犬のおならが最近特に臭いうえ

便秘を繰り返していたので 気になっていました。

調べてみましたのでよかったらどうぞ参考になさって下さいね。

 

「犬のおならが臭いのは?下痢や便秘と関係があるのかな?!」の続きを読む…

我が家の老犬は下半身麻痺の関係上、

排泄を意図的にすることができなくなっています。

そのため、おしっこも垂れ流しになって

フローリングにはよく水溜りのような排尿跡が残ります。

059753

おしっこのニオイは臭いですよね~アンモンア臭ですもの。

それで私は、お部屋を快適にするために

いろいろと消臭剤やお掃除グッズなどに凝り始めました。

中でもミョウバンは気に入りましたね。

消臭効果が大変高いのでいいですよ~。

ミョウバンはナスの色づけなどにも使用されている食品添加物で

私たちの生活にも馴染みがあるものです。

これを使わない手はない!と思いました。

というわけで、今日は私が実際に使って重宝している

アロマオイル(精油)とミョウバンを使った

犬のおしっこ臭を消すスプレーの作り方をご紹介したいと思います。

ではどうぞ~。

「アロマで消臭!ミョウバン入りスプレーの作り方(写真付き)」の続きを読む…

我が家では高齢犬を飼っているのですが

下半身が麻痺している上に筋肉が痩せてきたこともあって

オムツをしてもすぐに外れることもあり

結果オシッコやウンチが垂れ流し状態になっていまうことがあります。

 

フローリングのオシッコやウンチを知らずに踏んでしまった時の

あのおぞましさといたら・・(大汗

155586023713

あああぁぁぁぁ~~・・・と

以前はお掃除がホント大変でした、はい~。

でもお掃除グッズを作り始めてからは、それ程まで感じなくなりましたね。

 

掃除って、したつもりでも、

それでも「ニオイ」って

結構部屋に残ってしまうものなんですよね~。

 

それに、その度ごとに市販の消臭剤をふんだんに使っていたら

結構なお値段にもなって出費がかさんでしまいます。

 

そこで我が家で重宝しているペットのための

安心でエコで安価な消臭剤の作り方をご紹介したいと思います。

 

今回は「ミョウバン」「重曹」「アロマオイル」に焦点を当ててみます。

ではではどうぞ・・・^^

「犬の消臭剤を手作りしよう!安全&エコなものが安くでできちゃう!」の続きを読む…