アロマの虫除けスプレーを手作りしよう!蚊がいなくなるスプレーはコレ


スポンサーリンク

デング熱が流行った2014年の夏
2014年の今年の夏東京の代々木公園や、
その他の地域でもデングウィルスを持った蚊が見つかって
大きな波紋を呼んでいましたね。

9月も半ばになって、少し涼しくなってきたせいか
ようやく沈静化したかのように見受けられますが
まだまだ日中は暑くて公園などの
植物がある場所では蚊は健在のようです。

そこでここでは、我が家で使っているアロマセラピーを活用した
「蚊」にさされないための
蚊が嫌がるアロマ虫除けスプレーの作り方をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

直接プシューと身体に吹きかけてもよし
お部屋の網戸なぢにもスプレーしておくと蚊が寄り付きにくくなります。

植物から抽出された純粋なものを使用しますので
合成のものとは違い自然ならではの良さがあります。

いわば自然界からの贈り物とでもいいましょうか?
アロマの虫除けスプレーは優しい心地よさで、あなたを守ってくれることでしょう。

こんなにも自然で安心な虫除けスプレーですが
とても簡単にできますので是非ご家庭で使用していただければ幸いです。

安全で効果的ななアロマ虫除けスプレーの作り方

アロマの虫除けスプレーの作り方はいたって簡単です。
誰でもすぐに作ることが出来ます。

しかし手順や分量は正確にしなければなりません。
そこだけはしっかり間違わないようにしてくださいね。

用意するもの
1 エッセンシャルオイル(精油)
2 無水エタノール
3 精製水
4 スプレー容器

まずは昆虫忌避作用のあるエッセンシャルオイルを用意しましょう。
以下のエッセンシャルオイルなら、2つのうちどちらでも構いません。

●通称名 レモンユーカリ
学名  Eucalyptus citriodora
(学名はラテン語で表記されています。全国共通語となります)
フトモモ科の植物で、レモンに似たスパイシーな香りですね。

●通称名 シトロネラ
学名  Cymbopogon nardus
(学名はラテン語で表記されています。全国共通語となります)
イネ科ですがレモンに似た爽やかな香りですね。

●無水エタノール  薬局で売っています。多分1000円くらいです。

●精製水 ミネラルウォーターでもいいです。
これも薬局に行けばあります。100円くらいであるはずです。

●スプレー容器 100均などで販売してあるものでも大丈夫です。
(厳密にすれば遮光ビンなどのスプレー容器のほうが、日光を通さ
ないので好ましいのですが出来上がったものを冷暗所に保存して早
めに使用すれば大丈夫です)

作り方
1 スプレー容器に無水エタノールを5ml入れてください。
(mlが計れる容器はビーカーなどが「生〇の木」や「無〇良品」にも
置いてあるし、先日私はホームセンターでも私は見かけましたよ)

2 エッセンシャルオイルを10滴入れてください。
そして、よく混ぜあわせます。
(エッセンシャルオイルは脂溶性で、水には溶けないのですがアルコ
ールにはよく溶けるのでこの手順になります)

3 2に精製水(ミネラルウォーター)を45ml入れてよく混ぜる。

注意点
・作った虫除けスプレーは約2~3週間くらいで使い切ってください。
・保存は冷暗所で直射日光が当たらない場所にしまってください。
・お子さんなどが間違って飲んだりしないよう、手の届かないところにしまってく
ださい。
・最初、腕の内側あたりにワンプッシュしてパッチテストをすることをお勧めしま
す。まれに肌に合わない方もいらしゃいます。しばらくして、肌に赤みやかゆみ などの異常がなければ直接塗布も大丈夫です。まれではありますが、アレルギー反応が出る人がいます。そのような場合にはご使用をおやめください。

レモンユーカリやシトロネラの精油は・・・
シトロネラール、シトロネロールといった成分が含まれています。
これらが蚊が嫌いで蚊を寄せ付けない成分になるのですね。
アルデヒド類といって強くて刺激性のある成分ですが虫除けスプレーの作成にはエッセンシャルオイルの濃度を守っていただければ大丈夫です。

強い成分とはいえ、アロマはやはり人工的なものと違ってとても優しい香りがします。防腐剤や合成香料が入っていないというのはこんなにもナチュラルな心地になれるものなのですね。

スポンサーリンク

市販の虫除けスプレーとの違い

市販でも虫除けスプレーは販売されていますが
肌に直接塗布するのが、何となく抵抗はありませんか?

実は市販されている一般的な虫除けスプレーの多くは
裏面のラベルを見てみると
「ディート」というのが配合されているはずです。

このディートの副作用も懸念されてきていますね。
同じ虫除けスプレーでも「ディート不使用」とラベルに貼ってあるのもありますよ。

あまり神経質になる必要も無いかと思いますが
虫除けスプレーは直接お肌に塗布するものなので
安全面においては特に安心できるものが望ましいですね。

おわりに

いかがでしたか?
夏が過ぎ、秋がやってきて冬に向かえば
蚊に刺される心で配も1段落ですが

季節は巡り、また来年の夏はやってきます。
春先から次第に暖かくなってくるころには
虫もゴソゴソと這い出してくるころですね。

そんな頃には蚊も発生をし始めます。
来年に備えて、今からアロマの虫除けスプレーの
作り方をマスターしておいてください。

また、作った虫除けスプレーは、蚊だけに使わなくてもいいので
お部屋のルームコロンとしてお使いいただけてもとても心地のよいものです。

アロマスプレーの作り方を覚えてしまえば
他のエッセンシャルオイルでも応用がききますので
違うエッセンシャルオイルを使用して、
気分や用途に合わせていろいろと使い分けることもできます。

私はお客様が来られる時には
フローラル系のゼラニウム入りのルームスプレーをリビングにシュシュとしたり

玄関にはオレンジの香りを漂わせておいたりと
バリエーションを楽しんでいますよ!

あなたも、よかったら是非ご利用ください。

ちなみにエッセンシャルオイルですが
どこで購入したらよいのかが分からないとよく聞きます。
アロマに精通していない限り難しいかもしれませんが

一つの目安としては、社)アロマ環境協会認定が認定している精油であるなら
安心だと思っていただけて良いようです。

中には薄めていたり、他の安価な精油が混ぜてあったり
見た目には同じようでも中身が違うのが出回っていたりします。

エッセンシャルオイルは100%純粋なものじゃないと・・・
精油といえない!!個人的に私はそう感じています。

社団法人アロマ環境協会の認定精油は
品名や学名、抽出部位、抽出方法、生産国、内容量、発売元などの情報が
きちんと記載をされていますので安心です。

こちらに社)アロマ環境協会認定の精油ブランドの一覧を
載せておきますので参考になさってくださいね。

「AEAJ表示基準適合精油」として認定された精油ブランド一覧
http://www.aromakankyo.or.jp/aeaj/institution/oil/guide.html

合わせて読みたい記事


スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す